販売店にある補聴器の種類について

大きく分けると、耳にかけるタイプと耳穴に収めるものがあり、価格も幅広いラインナップがあります。

補聴器と集音器の違いについて

効果や安全性がある程度担保されている補聴器

補聴器は医療機器で、認可されるためには一定の基準をクリアしてはじめて販売店にて取り扱いができるようになり、効果や安全性がある程度担保されています。使う人によって調整するため性能が高いですが、補聴器は安価な集音器と違って、安価なタイプでも10万円程度と高額な費用がかかります。

安価で入手しやすい集音器

集音器は、周囲の音を大きくし、日常生活での聞こえにくいという日々を和らげるための機器です。集音器は医療機器ではないので対面販売やフィッティングが必要なく、安価なタイプも購入が可能です。家電量販店や通信販売などで購入することができ、気軽に入手することができます。

オシャレに魅せる

補聴器

販売店では、補聴器本体のみならず、耳鼻科ならではの耳へのアクセサリーなども取り扱っており、幅広い方々から人気を集めています。例えば、補聴器を可愛くオシャレに彩るカラーやデザインのコーディネートです。これまでは、肌馴染みが良く、周りに補聴器を装着していることを知られたくないからこそ、ベージュが定番色でした。しかし、耳ツボのようにラインストーンを貼り付けることができたり、カラーもバイカラーやグラデーション、オリジナルにカスタマイズができるようです。また、その大きさも耳の中にすっぽり入るサイズのみならず、魅せてもオシャレな耳掛けタイプも人気化しています。最近ではワイヤレスイヤホンが人気であるため、イヤホンぽく見える・見せられるから恥ずかしさがない、そうした声も聞かれています。

微調整してくれる

男性

補聴器の販売店というのは、耳鼻科に相談すれば提携・連携する販売店を紹介してくれますが、もちろん、聴こえが悪くなれば、メガネを販売する眼科医でも知り得る情報を提供してくれるケースがあります。選び方としては、価格が最優先ではないでしょうか。機能性能が高いということは、それだけ価格に比例しています。ですから、機能を重視するなら必然的に価格に結びつくワケです。価格と機能性、基本は自然な音質の聴こえを届けてくれるかどうかです。そのためには、耳にフィットさせる微調整、高解像度センサーが識別する情報をもとに調整するためのサウンドコンダクターをやってくれる販売店であることです。

ファーストアプローチ

カウンセリング

耳鼻科でも補聴器の販売店を斡旋しますが、基準になるのは何でも相談に乗ってくれることです。補聴専門ではありますが、その程度も片方の聴こえが悪いだけであったり、高齢だからという老いによって聴こえにくくなるレベルの人も補聴器を購入に来店するようです。そんななかに難聴者もいるわけで、その難聴者も近場から来店しているとも限りません。わざわざ遠方からとなれば、今、ここで診てあげることに徹する必要もあります。もちろん、販売店だからといって、すべての難聴者を診て対処はできませんが、プライマリ・ケアで対処することにより、かなりの難聴者の症状が軽減したり、不安が減少しています。

広告募集中