HOME>注目記事>補聴器は販売店で購入、選び方のポイントもご紹介

補聴器を販売店で購入するメリット

販売店で購入すると、調整や点検といったアフターケアも受けることができます。聞こえる生活を送るためには、調整や点検はは大変重要です。

補聴器選びで気をつけること

高額なだけでなく、値段の幅が広い

補聴器は販売店にて、片耳50,000円~、高いものでは片耳500,000円というものまであるので、値段の違いは何を把握してから購入する。

外観だけ気にしてると操作性が難しい場合がある

操作性重視で選ぶのか、外観だけ気にしていると操作性が難しい場合があるため注意が必要です。

どんなシーンで利用したいのか、音の環境をチェック

生活環境によって音の環境が違うため、合った機能が搭載されているものを選ぶようにします。

特徴によってタイプを選ぶ

耳にかけて使うタイプか、自分の耳の形に合わせられる耳穴タイプ、大きめの箱型タイプと使い方や特徴によってタイプが違うため注意が必要です。

長く使うためにも意欲が必要

どうして補聴器を使いたいか、明確な意欲の有無は使い続けるためには重要です。

診察費と購入費がいる

中年男性

補聴器が必要な状況にあるのなら、支払う費用は主に診察費と購入費だといえるでしょう。もしかすると、購入費さえあればよいと考えていたかもしれませんが、耳がどのような状態なのか知るために耳鼻科に行かなければいけないため、診察費もかかります。販売店でも聞こえ方の検査をしてもらえますが、病気が原因で耳が聞こえづらくなっている可能性もあるので必ず診てもらいましょう。『耳が悪い』という状況で耳鼻科を利用するため、当たり前ですが保険を使って安く診てもらえます。

購入費は一人ひとり異なる

補聴器

補聴器を販売店で買うためには、どのくらいのお金が必要なのか知りたいかもしれません。しかし、一人ひとりの耳によって必要な補聴器のグレードが異なるため、販売店を訪れるまえに値段を知るのは簡単ではないでしょう。安物を購入して、耳にまったく合わず、音の聞こえづらさが改善されないのでは購入した意味がなくなります。まずは販売店を訪れて、自身の耳に合ったものを選び、いくつか提案された補聴器の中から予算で選ぶのがよいでしょう。

広告募集中