HOME>ホットトピックス>耳の聞こえをサポートしてくれる機器が欲しいのなら専門のお店へ

集音器ではないものを買える

カウンセリングを受ける老人女性

テレビで耳が遠い向けの方に向けてアイテムが販売されていますが、あれは集音器と呼ばれるもので、補聴器とはまったく異なるものです。もしも、補聴器が欲しいと考えているのなら、テレビで紹介されるものではなく、補聴器として販売されているものを購入しましょう。販売店があるので、そちらを訪れればスタッフと相談しながら購入することが可能です。ただし、補聴器が必要なのか判断してもらうため、販売店を訪れるまえに耳鼻科がある病院やクリニックにてドクターの診察を受けるようにしましょう。

試用してから購入しよう

男性の耳

耳鼻科のドクターに耳の聞こえが悪くなっていると告げられ、補聴器が必要なら販売店を訪れてスタッフに相談をしましょう。販売店では検査も行ってくれるため、自身の耳の聞こえをしっかりとサポートしてくれる補聴器を選べるようになります。なお、多くの販売店では選んだ補聴器をすぐに購入するのではなく、お試しで利用できるようにしてくれています。日常生活で使うものなのですから、耳にピッタリのものを選ぶためにも試用はきちんと行いましょう。そして、適切な補聴器を選べたのなら、今度はお金を支払って購入することになります。

広告募集中